• TEL089-987-6162 営業時間 10:00~21:00 / 定休日 年中無休
    〒790-0011 愛媛県松山市千舟町4丁目3番9号 ワシヤビル2F

WiLLの学年別コース 幼児

  • HOME
  • WiLLの学年別コース 幼児

幼児

授業のようす

授業のようす
授業のようす
授業のようす

「平等」と「能力差」

『人は生まれながらに平等だ。』『子どもは皆等しく無限の可能性を持つ。』我々は無意識的に、すべての人間が等しい能力を持って生まれたことを前提にしているように見えます。
我々は『能力差』の問題にはできるだけ目を閉じていくとする強い傾向を持ち、時として『能力差』の問題をタブーとしてきました。しかし、世界的な視野で見るとそうではありません。現在の日本の小学校に落第の無いことを不思議がり、『そんな不親切な教育をしていいのか』という欧米の人々(欧米の小学校には飛び級と落第制度がある)は、強い違和感を持つのが普通です。
事実、明らかに『能力差』は存在します。学校教育スタートの小学1年生ですら、それぞれの能力には違いが見られ、それぞれの能力ごとに個人差があるのです。
わが子の得意、わが子の持つどの能力を伸長させるのが、その個の創造的な生き方に繋がるのか判断し、大いに能力を伸長させるべきです。それが自己実現に繋がります。
9歳ごろまでは基礎能力を伸張させる機会を多く持ちたいものです。

『能力差はある。それを認めよう。』
『能力は時期を得た教育・訓練で伸張することができる。伸張されるべきだ。』

『カリヨン』はどんな教室ですか?お子様の様子はどうですか?

●家での様子が全然ちがいます。一番大きな違いは数字に敏感になったこと。この間もお店へ一緒に行ったとき、2の数字を見て2の段の九九を言い出すんです。二七、二八はまだいいにくいんですけどね。あれは3だ、5だ、と目に付く数字は逃さないんです。

●ふと思い出したように、「塾の勉強する」と言って教材を出してきます。面白くなってきたみたい。意欲が出てきたみたいです。家にいるとまだ赤ちゃん扱いされるのに、ここに来ると親以外の人にいろいろなことを教えてもらって、習ったことを他の人に言ったら反応があって、そんなことがうれしいんですね。

●言葉に出すことは無いけど、カリヨンは楽しみにしています。宿題も家でちゃんとして、責任感が出てきました。幼稚園の課題も日記も、積極的にやるようになりました。好奇心も強くなったと思います。

●50分間集中してやれていることに驚いています。親の代わりにやってくれると言う風に教室のことを考えたとき、安心して任せられると思っています。

●今の幼稚園は、机の前に座るということがありません。どこでもいい、好きなところに座りなさいと言われます。自分の場所があって、その場所で何かすると言うことが無いんですね。カリヨンに来るとめいめいに机と椅子があり、その上でノートを広げて何かすることが楽しいと思えるようになりました。自分の場所に座ることが習慣になって良かったと思います。

※いただいたお答えの一部です。塾生・保護者の方からのご期待に応えられる様、毎日全力で取り組んでおります。お寄せいただく信頼が、我々を動かす最大最良のエネルギーです。)

WiLLの学年別コース